補償コンサルタント 航空写真企画社

航空写真企画社トップページ トップページへ

建設工事に伴う家屋調査

航空写真撮影

中古セスナ販売

土地収用業務請負

会社案内

お問い合せフォーム 見積依頼フォーム

メールでのお問い合せ Mail

免責事項






 1. 目 的 工事施工場所に近隣する家屋、物件等に対して工事による影響を与えたかどうかを
   正確に判断するため、家屋物件等の状態変化を現況調査致します。

 2. 調査内容
   調査区域内にある家屋、物件等の亀裂の状態、傾斜の程度を工事前に写真撮影や
   スケッチで調査し、事後調査との比較から損傷部分の変化を調査致します。

 3. 調査項目
   調査は原則として次の項目について実施し、その箇所の損傷の有無にかかわらず
   写真で記録致します。
   家屋の全景
   外壁モルタルの亀裂
   内壁の亀裂
   タイル張り部分現況及び亀裂
   内壁と柱、回り縁などの隙間
   柱、床等の傾斜状態
   建具の建付状況
   外部の叩き、土間、基礎等の亀裂
   建物の沈下、傾斜状態
   その他

 4. 内 容
   イ) 壁モルタルの亀裂箇所
   外壁モルタルの亀裂幅、亀裂長の測定及び写真撮影は、原則としての地表面より
   2mの範囲にある代表的な亀裂について実施致します。
   ロ) 内壁の亀裂箇所
   内壁の亀裂の測定及び写真撮影は代表的なものについて実施致します。
   ハ) タイル張り部分の亀裂箇所
   玄関、トイレ、浴室等のタイル張り部分の亀裂については、代表的なものについて亀裂幅、
   亀裂長を測定し写真撮影致します。


   ニ) 内壁と柱、回り縁等の隙間
   内壁と柱、周り縁等の隙間(ちり切れ)の測定及び写真撮影は代表的なものに
   ついて実施致します。
   ホ) 柱、床等の傾斜
   柱、床等の傾斜は原則として直交する二方向の傾斜状態を測定致します。
   へ)建具の建付け状況
   建具の建付け状況については、柱や窓枠との隙間間隔の測定及び写真撮影を実施 致します。
   ヘ) 叩き、土間、基礎等の亀裂箇所
   叩き、土間、基礎等の亀裂については代表的なものについて測定し写真撮影を
   実施致します。

 5. 撮影方法
   写真撮影は原則として撮影対象をポール等で指示し、黒板に以下の項目を明示し撮影
   致します。
    撮影年月日
   撮影家屋番号及び家屋所有者名又は物件名
   撮影対象名
   測定値
   その他

 6. 撮影枚数
   写真の枚数は原則として1件あたり30枚程度としますが必要に応じ増減致します。

 ※この調査資料は本件工事により被害が生じた場合に、すみやかに損害状況を確認 するものです。
   調査結果につきましては厳重に保管管理致します。



Copyright(C)2004 KOUKUUSHASINKIKAKUSHA CO.,LTD All Rights Reserved.